Home » Page 3

ウェットとドライ

ウェットタイプとドライタイプで、どちらの方が猫のエサに適しているでしょう。猫が肉食の動物ということを考えれば、肉や魚の身がそのまま入っている「ウェットタイプ」の方かもしれません。水分量はウェットタイプの方が多いので、猫の身体によさそうです。

猫は舌が小さく、その小さな舌で水分を補給するしかありません。猫に泌尿器系の病気が多いのは、水を飲む量が少なく、排尿が足りないからだと言われています。ドライタイプを購入する場合は、水分量が少ないため、猫に水を飲ませる必要があります。ただ、ドライタイプには適度な堅さがあるから猫の歯に歯垢がつきにくく、便の状態を一定に保つことができるでしょう。

半生状態の「セミモイストタイプ」は、ウェットタイプとドライタイプの中間のキャットフードです。やわらかく食べやすい食感に作られていますから、子猫や年老いた猫は食べやすいのではないでしょうか。ドライタイプが苦手な猫には、セミモイストタイプを与えてみてください。

ただ、猫の好みとは別に、ウェットタイプとドライタイプでは、ドライタイプの方が量が多く、安価です。飼い主のお財布事情を考えると、猫にそこまでお金をかけられないこともあるでしょう。

カレンダー

2017年10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031